働き方改革に関する改正法の要綱が示される


  • 政府の掲げる働き方改革のための改正法の要綱が労働政策審議会の各部会に提出された
  • これが「妥当」と答申されれば、いよいよ法案として国会に上程され

政府の掲げる働き方改革のための改正法の要綱が労働政策審議会の各部会に提出されました。これが「妥当」と答申されれば、いよいよ法案として国会に上程されることになります。

今回改正される法案はつぎのとおりです。実質7つの法律にわたる大改正法案といってよいでしょう。

  1. 労働基準法
  2. じん肺法
  3. 雇用対策法(「労働施策の総合的な推進並びに労働者の雇用の安定及び職業生活の充実等に関する法律」と題名が変わる)
  4. 労働安全衛生法
  5. 労働者派遣法
  6. 労働時間設定改善法
  7. パートタイム労働法(「短時間労働者及び有期雇用労働者の雇用管理の改善等に関する法律」と題名が変わる)
  8. 労働契約法(不合理な労働条件の禁止に関する条文がパート有期法に移動することによる削除のみ)

今後、まとまった資料が公開されれば、本サイトでも紹介していきます。

参考リンク

第140回労働政策審議会労働条件分科会(厚生労働省HP)

MORI社会保険労務士・行政書士事務所(千葉県千葉市中央区)では、日々生じる従業員に関する問題やちょっとした労働法に関する疑問、他社事例について、気軽に電話やメールで相談できる「労務相談」業務の依頼を受託しています。もちろん働き方改革に関するご相談、給与計算(年末調整)、労働・社会保険、就業規則、各種許認可業務等も対応します。

toiawase

MORI社労士・行政書士事務所

千葉市中央区のMORI社会保険労務士・行政書士事務所がお届けする、最新の人事労務関連情報です。毎週月・水・金に更新しています(祝除く)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です