冬のボーナス東京都調査が中間結果を公表~前年比約2%増の760,012円~

今回の記事、ざっくり言うと・・・

  • 調査対象1,000組合のうち、すでに妥結している273組合の平均妥結額は760,012円で、平均賃金(317,983円・38.6歳)の2.39ヵ月分に相当
  • 産業別・業種別では、対前年比が最も高かったのは「建設業(19.19%)」、以下「宿泊業、飲食サービス業(12.28%)」、「ゴム製品(8.04%)」

 

image024東京都が年末一時金要求・妥結状況の中間集計結果を公表しました。なお、本調査は、毎年、都内の1,000の労働組合を対象に調査しているものです。

調査対象1,000組合のうち、すでに妥結している273組合の平均妥結額は760,012円でした。これは、平均賃金(317,983円・38.6歳)の2.39ヵ月分に相当するものです。

また、同一労組の前年妥結額と比較すると、金額で15,335円、2.06%の増加となっており、前年とほぼ同水準の増額となっています。なお、平成26年の年末一時金は、平均妥結額が721,375円(2.27ヵ月分)でした(金額等は最終結果)。

産業別・業種別妥結金額の分析対象(5組合以上)となった20業種のうち、対前年比が最も高かったのは「建設業(19.19%)」、以下「宿泊業、飲食サービス業(12.28%)」、「ゴム製品(8.04%)」となっています。2020年の東京オリンピックが控えているためか、建設業の好調ぶりが目を引きます。

一方、対前年比が最も低かったのは「情報通信機械器具製造業(-8.41%)」、次いで「情報制作(出版等)(-2.48%)」、「教育、学習支援(-1.54%)」となっています。

このように、今年度の冬のボーナスは、前年比で増加となりそうです。

なお、本調査は中間集計結果であることに留意してください。最終集計結果は12月21日公表予定です。

参考リンク

2015年年末一時金要求・妥結状況について(平成27年11月5日現在・中間集計)(東京都HP)

MORI社会保険労務士・行政書士事務所では、日々生じる従業員に関する問題やちょっとした労働法に関する疑問、他社事例について、気軽に電話やメールで相談できる「労務相談」業務の依頼を受託しています。もちろボーナスや賞与制度に関するご相談、給与計算(年末調整)、労働・社会保険、就業規則、各種許認可業務等も対応します。

toiawase

MORI社労士・行政書士事務所

千葉市中央区のMORI社会保険労務士・行政書士事務所がお届けする、最新の人事労務関連情報です。毎週月・水・金に更新しています(祝除く)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です