新卒初任給は3割超の企業が全学歴で引き上げを実施

今日の記事、ざっくり言うと・・・

  • 今年度の新入社員に関する初任給を一般財団法人労務行政研究所が調査し、東証第1 部上場企業239 社について速報集計を公表
  • 39.7%の企業が2018 年度の初任給を「全学歴引き上げ」としている

今年度の新入社員に関する初任給を民間シンクタンクの一般財団法人労務行政研究所が調査し、東証第1 部上場企業239 社について速報集計を公表しました。

本調査結果によれば、39.7%の企業が2018 年度の初任給を「全学歴引き上げ」としており、その割合は、昨年度速報集計時の 29.4%から 10.3 ポイント上昇しています。この水準は過去10年を見ても最高水準にあると言えます。

一方「全学歴据え置き」とした企業は52.3%と過半数に上っていますが、割合は前年と比べて約8%減りました。

このように、今年度の新卒初任給については、賃上げを行った企業は前年より拡大したといえます。

初任給額は、大学卒で21 万1039 円、高校卒で16 万8048 円の水準で、同一企業で見た前年度の金額に比べ、それぞれ微増となっています。

参考リンク

2018 年度 新入社員の初任給調査(労務行政研究所HP,PDF)

MORI社会保険労務士・行政書士事務所(千葉県千葉市中央区)では、日々生じる従業員に関する問題やちょっとした労働法に関する疑問、他社事例について、気軽に電話やメールで相談できる「労務相談」業務の依頼を受託しています。もちろん採用に関するご相談、給与計算(年末調整)、労働・社会保険、就業規則、各種許認可業務等も対応します。

toiawase

 

MORI社労士・行政書士事務所

千葉市中央区のMORI社会保険労務士・行政書士事務所がお届けする、最新の人事労務関連情報です。毎週月・水・金に更新しています(祝除く)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です