就業規則、労務相談、給与・社会保険アウトソーシング、派遣許可申請、賃金制度等ならMORI社会保険労務士・行政書士事務所

労務(労働)相談業務

  • HOME »
  • 労務(労働)相談業務

とある会社のとある悩ましい1日

9:00 入社2年目の流川くんが始業時刻になっても出社してこないので電話をしたところ、風邪気味なので午前中は半休にしてもらいたいとのこと。既に始業時刻も過ぎているのに、年休の取得を認めなければならないのだろうか。
11:00 新入社員の桑田くんが提出した住民票に、続柄が「妻(未届)」と記載されている人がいる。健保や所得税の扶養はどうなるのだろうか。
12:00 外出中の従業員が多いので、藤井さんに昼休みの間電話がかかってきたらとれるようにしておいてとお願いしたら、「だったら私は1時から1時間休憩とりますね」と言われた。もしものためにと思ってお願いしただけなんだが、また休憩を与えなければいけないのだろうか。
14:00 退職予定の桜木くんと面談。引継ぎで消化しきれない有給が発生することになったところ、有給を買い取ってほしいという申し入れがあったが、断れないのだろうか。
16:00 宮城君と社内結婚した彩さんはそろそろ産休だけど、育休、復帰までどういう流れになるのだろう。給付も出るみたいだが?
18:00 赤木くんは今日も残業するのか。彼はいつも指導に熱心でよくやってくれているとは思うが、彼自身の仕事はもう終わってるはずだし、後輩社員も彼が残っていると帰りづらかったりしないだろうか。

実際には1日でこんなにたくさん疑問が生じることはないと思いますが、MORI社労士・行政書士事務所では、このような日々生じる問題やちょっとした疑問、他社事例について、気軽に電話やメールで相談できる「労務相談」業務の依頼を受託しています。

当事務所にご依頼いただくメリット

■ 定期的に貴社に訪問させていただきます。

  • 当事務所では、マンスリー契約で労務相談業務を受託した場合、常時お電話や面談でご対応させていただくだけでなく、担当者により定期的(1~2か月に1回程度)に貴社に訪問し、情報提供や今お困りのことなどについて直接伺う機会を設けています。

■ 豊富な実務経験とノウハウ

  • 小規模事業所から1,000名以上規模までの労務相談業務を担当した実務経験があります。

■ 貴社の状況を踏まえた実践的なアドバイス

  • 法律に書いてあることは前提です。当事務所は、それを貴社の状況にどのようにフィットさせるのかまでアドバイスいたします。

■ 親切・丁寧でわかりやすい説明

  • 実務では法律はもちろん、政省令や行政の内部通達文書などが重要ですが、とてもわかりやすいとはいえない内容である場合が多いです。当事務所では、こういったものもわかりやすく説明いたします。

■ ダブルライセンスの当事務所ならではの幅広い対応

  • 当事務所代表は社会保険労務士と行政書士の2つの資格を持っており、それぞれの全国会に登録しています。そのため、より幅広いご相談についても対応が可能です。

まずはご相談を TEL 043-245-2288 9:00-18:00(土・日・祝除く)

最近の投稿

SRPII認証事務所

MORI社会保険労務士事務所は、個人情報の適切な保護措置に加え、マイナンバーに対応した安全管理措置について、全国社会保険労務士連合会が定める基準に適合したSRPⅡ認証事務所です。

カテゴリー

アーカイブ

PAGETOP
Copyright © MORI社会保険労務士・行政書士事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.