勤務間インターバルの就業規則例が公表

今日の記事、ざっくり言うと…

  • 近年勤務終了後、一定時間以上の「休息時間」を設けることで、働く方の生活時間や睡眠時間を確保する「勤務間インターバル」が注目されている
  • 厚生労働省がその規定例を公表した

近年、従業員の健康維持のための施策として、「勤務間インターバル」という制度が注目されています。「勤務間インターバル」とは、勤務終了後、一定時間以上の「休息時間」を設けることで、働く方の生活時間や睡眠時間を確保するものです。

厚生労働省HPより

そして、厚生労働省が勤務間インターバル制度の就業規則例を作成しましたので、以下で取り上げたいと思います。

第N条(勤務間インターバル)

  1. いかなる場合も、労働者ごとに1日の勤務終了後、次の勤務の開始までに少なくとも、○時間の継続した休息時間を与える。
  2. 前項の休息時間の満了時刻が、次の勤務の所定始業時刻以降に及 ぶ場合、当該始業時刻から満了時刻までの時間は労働したものとみ なす。

本規定のポイントは、前日の残業が長引いて終業時刻が遅くなった場合で、一定の休息時間を設けることにより、本来の始業時刻よりも遅れて始業する場合に、遅れた分を有給の時間として処理しているという点です。たとえば、始業時刻が午前9時の会社において、前日午前1時まで就業し、休息時間が9時間とされていた場合には午前10時が始業時刻となりますが、9時から10時までは労働したものとみなすというわけです。

しかし、始業時刻が遅れた分、終業時刻も遅らせるという制度にすることも考えらえます。そのような場合の規定例が次のものです。

第N条(勤務間インターバル)

  1. いかなる場合も、労働者ごとに1日の勤務終了後、次の勤務の 開始までに少なくとも、○時間の継続した休息時間を与える。
  2. 前項の休息時間の満了時刻が、次の勤務の所定始業時刻以降に及 ぶ場合、翌日の始業時間は、前項の休息時間の満了時刻まで繰り下 げる。

このような制度の方が、会社にとっては受け入れやすい制度なのではないでしょうか。ただし、長時間の残業が連続すると、どんどん始業時刻も遅れていく結果となることに注意が必要です。そのため、終業時刻が午後10時を超える場合には、超える部分については労働したものとみなす、または始業時刻が午後1時を超える場合には、午後1時を始業時刻とするというような制度にすることも考えられます。

参考リンク

就業規則例(厚生労働省HP)

MORI社会保険労務士・行政書士事務所(千葉県千葉市)では、日々生じる従業員に関する問題やちょっとした労働法に関する疑問、他社事例について、気軽に電話やメールで相談できる「労務相談」業務の依頼を受託しています。もちろん勤務間インターバルに関するご相談、給与計算(年末調整)、労働・社会保険、就業規則、各種許認可業務等も対応します。

toiawase

 

MORI社労士・行政書士事務所

千葉市中央区のMORI社会保険労務士・行政書士事務所がお届けする、最新の人事労務関連情報です。毎週月・水・金に更新しています(祝除く)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です