国交省が収集した建設業のヒヤリハット事例を公表


  • 国土交通省が、建設現場での事故を未然に防止するため、ヒヤリ・ハット事例を公表
  • 労働災害を更に減少・撲滅させるためには、このようなヒヤリ・ハットの段階で危険の芽を摘むことが重要

国土交通省が、建設現場での事故を未然に防止するため、ヒヤリ・ハット事例を、その対策と併せて公表しました。

1件の重大事故の背景には29件の軽微な事故があり、さらに300件のヒヤリ・ハット(事故には至らなかったものの、ヒヤリとした、あるいはハッとした事例)があるというハインリッヒの法則と言われるものがあり、労働災害を更に減少・撲滅させるためには、このようなヒヤリ・ハットの段階で危険の芽を摘むことが重要です。

今回まとめられた資料を参考に、労働災害の防止に努めるようにしましょう。

【調査対象職種】

鉄筋工事業、型枠工事業、とび工事業、屋根工事業、内装仕上工事業
 
【公表資料】

[1]危険防止策、[2]調査結果の分析、[3]代表事例、[4]データベース

参考リンク

建設現場におけるヒヤリ・ハット事例及び対策を、広く共有します。~建設現場での労働災害の撲滅に向けて~(国土交通省HP)

MORI社会保険労務士・行政書士事務所(千葉県千葉市中央区)では、日々生じる従業員に関する問題やちょっとした労働法に関する疑問、他社事例について、気軽に電話やメールで相談できる「労務相談」業務の依頼を受託しています。もちろん建設業の安全衛生に関するご相談、給与計算(年末調整)、労働・社会保険、就業規則、各種許認可業務等も対応します。

toiawase

MORI社労士・行政書士事務所

千葉市中央区のMORI社会保険労務士・行政書士事務所がお届けする、最新の人事労務関連情報です。毎週月・水・金に更新しています(祝除く)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です