国税庁が「年末調整がよくわかるページ」を公開

 


今日の記事、ざっくり言うと・・・

  • 国税庁HPで「年末調整がよくわかるページ」が公開
  • 本ページでは、年末調整で使用する各種申告書もダウンロードすることができる
  • 平成30年には、配偶者控除に関する改正も行われる

今月から、国税庁HPで「年末調整がよくわかるページ」が公開されました。このページでは、年末調整の手引きや、次のような年末調整で使用する各種申告書もダウンロードすることができます。

ところで、平成29年度税制改正により、配偶者控除及び配偶者特別控除の見直しが行われ、配偶者控除及び配偶者特別控除の控除額等が改正され、平成30年分以後の所得税について適用されます。

これまで扶養の範囲内で就業してきたパート社員の働き方に関わる改正が含まれていますので、年末調整の機会にこの点についても周知するようにしましょう。なお、改正内容の概要は次の通りです。

  1. 配偶者控除の控除額が改正されたほか、給与所得者の合計所得金額が1,000万円を超える場合には、配偶者控除の適用を受けることができないこととされました。
  2. 配偶者特別控除の控除額が改正されたほか、対象となる配偶者の合計所得金額が38万円超123万円以下とされました。

また、給与計算事務担当者については、上記の改正にともなって、扶養親族等の数の算定方法の変更される点を確認しておきましょう。すなわち、扶養親族等の数の算定に当たり、配偶者が源泉控除対象配偶者に該当する場合には、扶養親族等の数に1人を加えて計算することとされ、また、同一生計配偶者が障害者に該当する場合には、扶養親族等の数に1人を加えて計算することとされました。

給与所得者の扶養控除等申告書等も様式変更が行われ、「給与所得者の配偶者特別控除申告書」が「給与所得者の配偶者控除等申告書」に改められました。

参考リンク

年末調整がよくわかるページ

MORI社会保険労務士・行政書士事務所(千葉県千葉市中央区)では、日々生じる従業員に関する問題やちょっとした労働法に関する疑問、他社事例について、気軽に電話やメールで相談できる「労務相談」業務の依頼を受託しています。もちろん賃金に関するご相談、給与計算(年末調整)、労働・社会保険、就業規則、各種許認可業務等も対応します。

toiawase

MORI社労士・行政書士事務所

千葉市中央区のMORI社会保険労務士・行政書士事務所がお届けする、最新の人事労務関連情報です。毎週月・水・金に更新しています(祝除く)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です