来月施行の有期特措法のパンフレットが公開

今回の記事をざっくり言うと・・・

  • 今年4月に施行される無期転換ルールの特例を定めた有期特措法に関するパンフレットが公表された
  • 特例を利用するために必要な申請書についても説明されている

 

image161平成27年4月1日から施行される「専門的知識等を有する有期雇用労働者等に関する特別措置法」(有期特措法)の内容について、厚生労働省がパンフレットを作成・公表しました。

有期特措法は、いわゆる無期転換ルールの例外を定めるもので、(1)高度な専門的知識等を有する有期雇用労働者、(2)定年後引き続き雇用される有期雇用労働者が、その能力を有効に発揮できるよう、事業主がその特性に応じた適切な雇用管理を実施する場合に、一定の期間については、無期転換申込権が発生しないこととするものです。

今回公表されたパンフレットでは、法律の内容はもちろん、特例を受けるために必要となる認定申請書の記載例等も掲載されておりますので、実際に申請する場合にはぜひ手元に置いておきたいものです。

高年齢者に関する特例については、施行後すぐにでも申請できる会社が多いように思われますので、ぜひ参考にしてください。

もちろん、この申請に関するご依頼もお引き受けいたします。

■関連リンク

「高度専門職・継続雇用の高齢者に関する無期転換ルールの特例について」(厚生労働省HP,PDF)

MORI社会保険労務士・行政書士事務所では、日々生じる従業員に関する問題やちょっとした労働法に関する疑問、他社事例について、気軽に電話やメールで相談できる「労務相談」業務の依頼を受託しています。もちろん社会保険、給与計算(年末調整)、就業規則、各種許認可業務等も対応します。ぜひお問い合わせください。

toiawase

 

 

MORI社労士・行政書士事務所

千葉市中央区のMORI社会保険労務士・行政書士事務所がお届けする、最新の人事労務関連情報です。毎週月・水・金に更新しています(祝除く)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です