派遣事業業務取扱要領が改定

今日の記事、ざっくり言うと・・・

  • 労働者派遣事業業務取扱要領が4月1日付けで改定
  • 今回の改定は、主に「派遣先責任者講習の実施に関するガイドライン」の制定に伴うもの

労働者派遣事業業務取扱要領が4月1日付けで改定されました。今回の改定は、主に「派遣先責任者講習の実施に関するガイドライン」の制定に伴うものです。

このガイドラインは、労働者派遣事業の適正な運営の確保と派遣労働者の保護等を図るためには、派遣先が、選任を義務付けられている派遣先責任者の能力向上を図り、派遣先責任者がその職務を的確に遂行できるようにしていくことが重要であるとの観点から制定されたものです。

派遣先責任者の能力向上を図るに当たっては、関係法令やその職務に関する必要な知識等を付与するための派遣先責任者講習が適正に実施され、派遣先が、派遣先責任者を新たに選任したとき、労働関係法令の改正が行われたとき等の機会を捉え、これを派遣先責任者に受講させることが望ましいとされています。

適正な労働者派遣のためには、派遣先の労働者派遣法の理解が重要です。特に派遣期間制限は、これに違反した場合には「労働契約申込みなし制度」の対象となるおそれがあるため、こうした講習を通じた理解を図ることが大切です。

参考リンク

労働者派遣事業関係業務取扱要領・様式・各種報告書(厚労省HP)

MORI社会保険労務士・行政書士事務所(千葉県千葉市中央区)では、日々生じる従業員に関する問題やちょっとした労働法に関する疑問、他社事例について、気軽に電話やメールで相談できる「労務相談」業務の依頼を受託しています。もちろん労働者派遣(許可申請)に関するご相談、給与計算(年末調整)、労働・社会保険、就業規則、各種許認可業務等も対応します。

toiawase

MORI社労士・行政書士事務所

千葉市中央区のMORI社会保険労務士・行政書士事務所がお届けする、最新の人事労務関連情報です。毎週月・水・金に更新しています(祝除く)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です