熱中症の予防を厚労省が呼びかけ

今日の記事、ざっくり言うと・・・

  • 厚生労働省は、熱中症予防を広く国民に呼びかけるため、周知依頼の事務連絡を発出
  •  「熱中症」は、高温多湿な環境に長くいることで、徐々に体内の水分や塩分のバランスが崩れ、体温調節機能がうまく働かなくなり、体内に熱がこもった状態
  • 室内でも、外出時でも、のどの渇きを感じなくても、こまめに水分・塩分、経口補水液などを補給する
世界の労働基準監督署からVOL006:中央労働基準監督署

5月に入って、暑い日が増えてきました。これからますます暑くなれば、熱中症に注意しなければなりません。

厚生労働省も、熱中症予防を広く国民に呼びかけるため、周知依頼の事務連絡を発出しました。

 「熱中症」は、高温多湿な環境に長くいることで、徐々に体内の水分や塩分のバランスが崩れ、体温調節機能がうまく働かなくなり、体内に熱がこもった状態を指します。屋外だけでなく室内で何もしていないときでも発症し、救急搬送されたり、場合によっては死亡することもあります。

熱中症の症状としては、めまい、立ちくらみ、手足のしびれ、筋肉のこむら返り、気分が悪い、頭痛、吐き気、嘔吐、倦怠感、虚脱感、いつもと様子が違うなどがあり、重症になると、○返事がおかしい、意識消失、けいれん、からだが熱いなどがあります。

熱中症を予防するためには、室内では、

  • 扇風機やエアコンで温度を調節
  • 遮光カーテン、すだれ、打ち水を利用
  • 室温をこまめに確認
  • WBGT値※も参考に

外出時には、

  • 日傘や帽子の着用
  • 日陰の利用、こまめな休憩
  • 天気のよい日は、日中の外出をできるだけ控える

ことが考えられます。

また、からだの蓄熱を避けるために、通気性のよい、吸湿性・速乾性のある衣服を着用すること、保冷剤、氷、冷たいタオルなどで、からだを冷やすことが大切です。室内でも、外出時でも、のどの渇きを感じなくても、こまめに水分・塩分、経口補水液などを補給するようにしましょう。

参考リンク

熱中症予防のために(厚労省HP)

MORI社会保険労務士・行政書士事務所(千葉県千葉市中央区)では、日々生じる従業員に関する問題やちょっとした労働法に関する疑問、他社事例について、気軽に電話やメールで相談できる「労務相談」業務の依頼を受託しています。もちろん安全衛生に関するご相談、給与計算(年末調整)、労働・社会保険、就業規則、各種許認可業務等も対応します。

toiawase

MORI社労士・行政書士事務所

千葉市中央区のMORI社会保険労務士・行政書士事務所がお届けする、最新の人事労務関連情報です。毎週月・水・金に更新しています(祝除く)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です