社会保険で年平均による随時改定が10月から可能に


  • 随時改定についても年平均による保険者算定の仕組みが10月から導入される
  • 通常の随時改定の計算方法により算出した標準報酬月額と年間平均額から算出した標準報酬月額との間に「2等級以上の差」があり、当該差が業務の性質上例年発生することが見込まれる場合であって、現在の標準報酬月額と年間平均額から算出した標準報酬月額との間に「1等級以上」の差がある場合が対象となる

幕張年金事務所
世界の年金事務所からvol007:幕張年金事務所

厚労省が健康保険・厚生年金保険における標準報酬月額の随時改定の方法について、新たに年平均による方法を通達しました。

これは、業務の性質上、季節的に報酬が変動することにより、通常の方法によって随時改定を行うことが著しく不当であると認められる場合について、新たに保険者算定の対象とすることになったものです。

具体的には、①3か月間の報酬の平均から算出した標準報酬月額(通常の随時改定の計算方法により算出した標準報酬月額)と、②(ⅰ)昇給月又は降給月以後の継続した3か月の間に受けた固定的賃金の月平均額に(ⅱ)昇給月又は降給月前の継続した9か月及び昇給月又は降給月以後の継続した3か月の間に受けた非固定的賃金の月平均額を加えた額から算出した標準報酬月額(年間平均額から算出した標準報酬月額)との間に「2等級以上の差」があり、当該差が業務の性質上例年発生することが見込まれる場合であって、現在の標準報酬月額と年間平均額から算出した標準報酬月額との間に「1等級以上」の差がある場合は、保険者算定の対象とすることとされました。。

事業主が、今回新たに追加した事由に基づく保険者算定を申し立てるに当たっては、日本年金機構及び健康保険組合(以下「保険者等」という。)に対して、その被保険者が保険者算定の要件に該当すると
考えられる理由を記載した申立書を提出します。

なお、この取扱いは、平成 30 年 10 月1日以降の随時改定から適用されます。

参考リンク

「健康保険法及び厚生年金保険法における標準報酬月額の定時決定及び随時改定の取扱いについて」の一部改正に伴う事務処理について(厚労省HP,PDF)

MORI社会保険労務士・行政書士事務所(千葉県千葉市中央区)では、日々生じる従業員に関する問題やちょっとした労働法に関する疑問、他社事例について、気軽に電話やメールで相談できる「労務相談」業務の依頼を受託しています。もちろん社会保険に関するご相談、給与計算(年末調整)、労働・社会保険、就業規則、各種許認可業務等も対応します。

toiawase

MORI社労士・行政書士事務所

千葉市中央区のMORI社会保険労務士・行政書士事務所がお届けする、最新の人事労務関連情報です。毎週月・水・金に更新しています(祝除く)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です