経団連が新卒採用アンケートを公表


  • 経団連(日本経済団体連合会)が「2017 年度 新卒採用に関するアンケート調査結果」を公表
  • 採用計画の達成状況については、「計画に届かない」が30.7%となった
  • 「採用にあたって特に重視した点」については、15年連続で「コミュニケーション能力」が第1位

写真は記事の内容とは関係ありません。

経団連(日本経済団体連合会)が「2017 年度 新卒採用に関するアンケート調査結果」を公表しました。

今年度の採用計画の達成状況については、「計画に届かない」が30.7%と前年に比べて6.2 ポイント増加しました。約3割の企業が採用計画を達成できなかったと回答しており、「採用難の影響が一定程度見られ」るとしています。

このように、引き続き新卒採用は厳しい状況が続いているといえるでしょう。

また、例年の「採用にあたって特に重視した点」については、15年連続で「コミュニケーション能力」が第1位となりました。第2位の「主体性」も9年連続で、ここ10年近く、新卒採用にあたって企業の重視する能力が変わっていません。

参考リンク

2017 年度 新卒採用に関するアンケート調査結果(経団連HP,PDF)

MORI社会保険労務士・行政書士事務所(千葉県千葉市中央区)では、日々生じる従業員に関する問題やちょっとした労働法に関する疑問、他社事例について、気軽に電話やメールで相談できる「労務相談」業務の依頼を受託しています。もちろん採用に関するご相談、給与計算(年末調整)、労働・社会保険、就業規則、各種許認可業務等も対応します。

toiawase

MORI社労士・行政書士事務所

千葉市中央区のMORI社会保険労務士・行政書士事務所がお届けする、最新の人事労務関連情報です。毎週月・水・金に更新しています(祝除く)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です