「平成29年中小企業の賃金事情」を公表


今日の記事、ざっくり言うと・・・

  • 東京都が「平成29年中小企業の賃金事情」を公表
  • 平成29 年7 月時点の所定外実労働時間の平均は、男性で15 時間37 分、女性で8 時間34 分
  • 産業別で最も多いのは、男女とも「運輸業,郵便業」

写真と記事の内容は関係ありません。

東京都が、毎年作成している都内中小企業(従業員数10~299人)における賃金等の実態を調査の報告書が公表されました。今回は、毎年調査している「賃金」「賞与」等に、隔年調査項目として「労働時間」「休日・休暇」を加えた平成29年の調査結果がまとめられています。

賃金の統計にはいろいろなものがありますが、この東京都の調査は、中小企業に絞った調査であることが特徴で、賃金相場を調べる場合に、よく参照される資料です。

しかし、ここではあえて賃金には触れず、いわゆる残業時間に関する部分を取り上げたいと思います。

平成29 年7 月時点の所定外実労働時間の平均は、男性で15 時間37 分、女性で8 時間34 分でした。産業別にみると、男性では、最も多いのは「運輸業,郵便業」の 22 時間 47 分、最も少ないのは「医療,
福祉」の8 時間58 分となっています。女性では、最も多いのは「運輸業,郵便業」の 15 時間 56 分、最も少ないのは「建設業」の 5 時間 46 分となっています。

調査結果では、医療・福祉を除くすべての産業において、男性が女性よりも残業が多くなっていますが、特ににかい離が大きいのが建設業や(他に分類されない)サービス業です。建設業の場合、女性は事務職が多いからではないかと考えられます。

一方、女性の割合の高い医療・福祉では、女性の方が男性よりも残業が長いのも特徴的です。

参考リンク

平成29年「中小企業の賃金事情」調査結果について(東京都産業労働経HP)

MORI社会保険労務士・行政書士事務所(千葉県千葉市中央区)では、日々生じる従業員に関する問題やちょっとした労働法に関する疑問、他社事例について、気軽に電話やメールで相談できる「労務相談」業務の依頼を受託しています。もちろん賃金に関するご相談、給与計算(年末調整)、労働・社会保険、就業規則、各種許認可業務等も対応します。

toiawase

MORI社労士・行政書士事務所

千葉市中央区のMORI社会保険労務士・行政書士事務所がお届けする、最新の人事労務関連情報です。毎週月・水・金に更新しています(祝除く)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です