H29総労働時間は全体では微減、一般労働者では微増


今日の記事、ざっくり言うと・・・

  • 厚生労働省が平成29年分の毎月勤労統計調査の結果を公表
  • 総実労働時間は前年比で0.3%減となった

世界の労働基準監督署からVOL013:新庄労働基準監督署

厚生労働省が平成29年分の毎月勤労統計調査の結果を公表しました。

そこで、はじめに賃金の給与の状況について見ていきましょう。

本調査によれば、現金給与総額の前年比は、0.4%増となったものの、実質賃金指数(現金給与総額)の前年比は、0.2%減となりました。消費者物価指数の前年比は、0.6%上昇したことから、賃金の上昇が物価に追い付いていないことを表しているといえるでしょう。

ところで、今回の調査で注目されるのは、近年の働き方改革の流れの中で、労働時間が短縮しているのかどうかではないでしょうか。

そこで、本調査を見ると、労働時間(一人平均)については、総実労働時間は143.4時間で前年比0.3%減となったものの、所定外労働時間は1.0%増となっており所定外労働はむしろ増加しています。しかも一般労働者でみると総労働時間は168.8時間で0.1%増、所定外労働時間は2.1%増となっています。

このように、一般労働者の労働時間は短縮しているどころか増加していました。これは、人手不足が影響しているのかもしれません。

参考リンク

毎月勤労統計調査 平成29年分結果速報(厚労省HP)

MORI社会保険労務士・行政書士事務所(千葉県千葉市中央区)では、日々生じる従業員に関する問題やちょっとした労働法に関する疑問、他社事例について、気軽に電話やメールで相談できる「労務相談」業務の依頼を受託しています。もちろん働き方改革に関するご相談、給与計算(年末調整)、労働・社会保険、就業規則、各種許認可業務等も対応します。

toiawase

MORI社労士・行政書士事務所

千葉市中央区のMORI社会保険労務士・行政書士事務所がお届けする、最新の人事労務関連情報です。毎週月・水・金に更新しています(祝除く)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です