人事院が平成30年の標準生計費を公表

  • 平成30年4月の標準生計費が公表
  • 世帯人員3人で186,520円(前年比-12,740円)

人事院が平成30年人事院勧告を公表し、平成30年4月の標準生計費が明らかになりました。本サイトは、標準生計費をキーワードに訪問する人が多いので、今年もしっかり取り上げておきたいと思います。

標準生計費とは、国民一般の標準的な生活の水準を求めるため、「家計調査」(総務省)等に基づき、費目別、世帯人員別に算定したものです。もう少しかみ砕いていうと、標準的な生活モデルを設定し、その生活に要する費用を算定したものということができます。そのため、自社の賃金相場を検討するにあたって、生活費にどの程度かかるのかを考える上で、参考になります(もっとも、ホームページで公表されているのは全国平均であることに注意)。

なお、しばしば誤解されていることですが、標準生計費は、生活するための最低限必要な金額ということではありません。

標準生計費は、次の5つの費目別に算定されています。

  • 食 料 費・・・食料
  • 住居関係費・・・住居、光熱、水道、家具:家事用品
  • 被服履物費・・・被服・履物
  • 雑 費 Ⅰ・・・保険医療、交通・通信、教育、教養娯楽
  • 雑 費 Ⅱ・・・その他の消費支出(諸雑費、こづかい(使途不明)、交際費、仕送り金

平成29年4月時点での世帯人員別の標準生計費は、次の通りでした。

  • 世帯人員1人・・・116,930円(前年116,560円)
  • 世帯人員2人・・・150,690円(前年178,940円)
  • 世帯人員3人・・・186,520円(前年199,260円)
  • 世帯人員4人・・・222,350円(前年219,620円)
  • 世帯人員5人・・・258,160円(前年239,940円)

2人世帯、3人世帯が前年から減少し、その他は上昇しています。減少した区分では、「雑費Ⅰ」が大きく減少しています。が詳細は、下記の参考リンクをご覧ください。

参考リンク

平成30年人事院勧告(人事院HP)

千葉県千葉市中央区のMORI社会保険労務士・行政書士事務所では、日々生じる従業員に関する問題やちょっとした労働法に関する疑問、他社事例について、気軽に電話やメールで相談できる「労務相談」業務の依頼を受託しています。もちろん賃金制度に関するご相談、給与計算(年末調整)、就業規則、各種許認可業務等も対応します。

まずはお気軽にお問い合わせください。

toiawase

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です