働き方改革推進法リーフレット、新三六協定記載例が公表

  • 働き方改革推進法に関するリーフレット、新三六協定の作成例が厚生労働省HPで公開
  • リーフレットでは、法律の部分の改正を中心に、労基法、パート・有期法、安衛法、派遣法などの改正内容について概要がまとめられている
  • 新三六協定の作成例は具体的な数字が入ったものが公開された

働き方改革推進法に関するリーフレット、新三六協定の作成例が厚生労働省HPで公開されました。

リーフレットでは、法律の部分の改正を中心に、労基法、パート・有期法、安衛法、派遣法などの改正内容について概要がまとめられています。

このリーフレットが、公の資料としては、現時点でもっとも詳しいものになります。おそらくは、今後政省令と施行通達をふまえた詳細なリーフレットないしパンフレットも作成されるものと見込まれます。

新三六協定の作成例は具体的な数字が入ったものとなっています。ところで、新三六協定では、臨時的に「限度時間」を超えて労働させる場合には様式第9号の2の協定届の届出が必要となりました。様式第9号の2は、「限度時間内の時間外労働についての届出書」(1枚目)と、「限度時間を超える時間外労働についての届出書」(2枚目)の2枚の記載が必要となります。2枚目の様式には、「健康及び福祉を確保するための措置」が設けられ、限度時間を超えた労働者に対し、裏面の記載心得1(9)①~⑩の健康確保措置のいずれかの措置を講ずることを定めます。

このように厚生労働省としても、今後情報発信を強化していくものと思われますが、実際もっとも時間をかけなければならない「同一労働同一賃金ガイドライン」もまだ確定していません。近年の労働法改正は、準備期間が短いまま施行されることが多いように感じます。

参考リンク

「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律」について(厚生労働省HP)

千葉県千葉市中央区のMORI社会保険労務士・行政書士事務所では、日々生じる従業員に関する問題やちょっとした労働法に関する疑問、他社事例について、気軽に電話やメールで相談できる「労務相談」業務の依頼を受託しています。もちろん働き方改革推進法に関するご相談、給与計算(年末調整)、就業規則、労働者派遣業等各種許認可業務等も対応します。まずはお気軽にお問い合わせください。

toiawase

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です