冬季賞与は微減(東京都調査)

写真と記事の内容は関係ありません。

東京都が年末一時金要求・妥結状況の中間集計結果(令和元年11月7日現在)を公表しました。

既に妥結した労働組合のうち、前年妥結額と比較可能な234組合の平均妥結額は798,141円で、これは平均賃金(322,203円・39.6歳)の2.48ヵ月分に相当します。同一労組の前年妥結額(797,105円)との比較では、金額で1,036円増加(0.13%増)しました。

産業別・業種別妥結金額の分析対象(5組合以上)となった17業種のうち、対前年比の増加率が最も高かったのは、「建設業」(5.28%)で比較的大きな伸びになっています。そのほかの業種では「情報通信機械器具製造業」(3.40%)、「私鉄・バス」(3.31%)が建設業に次いで高い増加率となっています。

一方、対前年比の減少率が最も大きかったのは、「化学工業」(-6.82%)、続いて「教育、学習支援」(-5.51%)、「卸売・小売業」(-1.87%)でした。

今季の最終的な調査の報道発表は、12月16日予定されています。

お問い合わせはお気軽に。043-245-2288

参考リンク

2019年 年末一時金要求・妥結状況について(中間集計)(東京都産業労働局HP)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です