副業・兼業ガイドラインの解説パンフレット

厚生労働省が「副業・兼業の促進に関するガイドライン」の内容について解説するパンフレットを作成しました。

本パンフレットでは、副業・兼業を認める場合の取り組み手順を次のように示したうえで、それぞれのポイントについて解説されています。

  1. 就業規則等の整備
  2. 副業・兼業に関する届出
  3. 副業・兼業の内容の確認
  4. 所定労働時間の通算(原則的な労働時間管理の方法)・管理モデルの導入(簡便な労働時間管理の方法)
  5. 所定外労働時間の通算(原則的な労働時間管理の方法)・管理モデルの実施(簡便な労働時間管理の方法)
  6. 健康管理の実施

なお、4・5では、(A)原則的な労働時間管理の方法と(B)簡便な労働時間管理の方法(以下「管理モデル」といいます。)の二通りあるため、それぞれの方法について(A)と(B)として分けて紹介されています。どちらの方法にするかは、副業・兼業を行う労働者ごとに、自社で取り入れやすい方法を採用するようにしてください。

お問い合わせはお気軽に。043-245-2288

参考リンク

「副業・兼業の促進に関するガイドライン」の改定版パンフレット等を公開しました(厚生労働省HP)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です