外国人雇用の新たな支援ツール

厚生労働省が外国人社員の人事・労務に関する多言語による説明や、文化ギャップを埋めることに役立つ3つの支援ツールを公開しました。

  • 雇用管理に役立つ多言語用語集
  • 外国人社員と働く職場の労務管理に使えるポイント・例文集~日本人社員、外国人社員ともに働きやすい職場をつくるために~
  • モデル就業規則やさしい日本語版

たとえば「例文集」では、全9カテゴリーの、雇用管理で実際に想定される場面ごとに、(1)事業主・人事担当者の方が、外国人社員に説明する前に読んで理解しておくとよいポイント、(2)実際に外国人の方にそのまま話したり見せたりして理解していただくことを目指した「やさしい日本語」による説明の例文や図表を紹介しています。9カテゴリーは、①採用、②賃金、③労働時間及び休暇、④異動、退職及び解雇、⑤安全衛生及び災害補償、⑥ハラスメント、⑦退職金、⑧在留資格、⑨正社員以外の働き方 +企業の好事例

活用のイメージは下図のとおりです。

厚生労働省HPyよよrよりより

厚生労働省は、このツールを、入社時の労働条件などの説明の際に一緒に読みながら説明することや入社時のオリエンテーションで一斉に説明、質疑応答、個別に質問を受けた際に、該当のページを目次から探し、説明に活用することを想定しています。

お問い合わせはお気軽に。043-245-2288

参考リンク

外国人の方に人事・労務を説明する際にお困りではないですか?~外国人労働者の人事・労務に関する3つの支援ツールを作成しました~(厚労省HP,PDF)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です