日本産業衛生学会がコロナ感染対策ガイドを公表

日本渡航医学会および日本産業衛生学会が「職域のための新型コロナウイルス感染症対策ガイド」を公開しました。このガイドは、「職域での新型コロナウイルス感染症対策を担当する者を対象に作成したもの」です。

特に事業所で参考になるのは「2.職域における対策」の章です。たとえば、発熱や風邪症状があった従業員の職場復帰をどうするのかは、専門的な知識のない企業にとっては非常に困難な問題です。これについて、本ガイドでは、次の1および2の両方の条件を満たすこととしてます。

  1. 発症後に少なくても 8 日が経過している
  2. 薬剤(※①)を服用していない状態で、解熱後および症状(※②)消失後に少なくても3日が経過している
    ①解熱剤を含む症状を緩和させる薬剤
    ②咳・咽頭痛・息切れ・全身倦怠感・下痢など

このように、対処の指針が示されていることは大変参考になります。

お問い合わせはお気軽に。043-245-2288

参考リンク

新型コロナウイルス感染症情報を掲載しております。(日本産業衛生学会HP)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です