社会保険適用拡大の情報提供サイト

2022年10月から段階的に一部のパート・アルバイトの社会保険の加入が義務化されることにあわせて、厚生労働省が解説動画やリーフレットなどをまとめた特設サイトを立ち上げました。今回の改正は2段階で施行されます。

第1段の施行は2022年10月で、従業員数101人~500人の企業で働くパート・アルバイトが新たに社会保険の適用になります。そして第2弾が2024年10月で、従業員数51人~100人の企業で働くパート・アルバイトが新たに社会保険の適用になります。この場合の「従業員数」とは「現在の厚生年金保険の適用対象者」をいいます。

厚生労働省HPより

原則として、従業員数の基準を常時上回る場合には、適用対象になります。そして直近12ヶ月のうち6ヶ月で基準を上回ると日本年金機構において適用されます。なお、法人は、法人番号が同一の全企業を合計して、個人事業所は個々の事業所ごとにカウントします。

適用拡大後の加入基準は、次の4つすべてを満たすことです。

  1. 週の所定労働時間が20時間以上30時間未満
  2. 月額賃金が8.8万円以上
  3. 2ヶ月以上の雇用の見込みがある
  4. 学生ではない(休学中や夜間学生は加入対象です。)

特設サイトでは詳細な加入基準や従業員説明用のリーフレットなども準備されていますので、参考になります。

お問い合わせはお気軽に。043-245-2288

参考リンク

社会保険適用拡大特設サイト(厚生労働省HP)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です