高年齢者の安全・健康に関する報告書が公開

画像は記事の内容と関係ありません。

厚生労働省の「人生100年時代に向けた高年齢労働者の安全と健康に関する有識者会議」が高齢者が安全で健康に働ける職場の実現に向けて取り組むべき事項に関する報告書を公表しました。

 報告書では、「経済財政運営と改革の基本方針2019~「令和」新時代:「Society5.0」への挑戦~」で「サービス業で増加している高齢者の労働災害を防止するための取組を推進する」とされていることなどを踏まえ、高齢者の身体機能から長期的な推移や壮年者との比較からわかる特性を整理するとともに、年齢、性別、経験期間が労働災害の発生率に与える影響について分析するほか、高齢者の安全衛生対策に積極的に取り組んでいる企業などの担当者や関連分野の有識者へのヒアリングを実施した上で、働く高齢者の安全と健康に関して幅広く検討を行い取りまとめられたものです。

報告書では、今後に向けた課題と対応の方向性として、次の事項を指摘しています。

  • 対策と働く高齢者についても就業構造のサービス化、ホワイトカラー化が進展していく中で、様々な現業部門の安全衛生対策とともに、管理・事務部門の対策も重要
  • 経験のない異なる業種、業務に転換(キャリアチェンジ)して就労し、業務に不慣れな高齢者が多くなることに留意
  • 働く高齢者に特有の特徴や課題に対応していくことが重要。その際、フレイルやロコモティブシンドロームといった高齢期に現れてくる特徴も考慮が必要。その他、病気の治療と仕事の両立支援の視点を取り入れることも必要
  • 働く高齢者に体力や健康状態が低下するという課題があるとしても、労働者が体力や健康の維持改善に努め、事業者が取組を進めることで、安心して安全に働くことが可能

上記のほかにも労働者に求められる取り組み事項や、国および関係団体などが取り組むべき事項が挙げられています。

また、高齢者が働きやすい職場環境の実現のため、労使の取組を促進するためのガイドラインを取りまとめることが適当として、次のような「事業者に求められる事項」を挙げています。

  1. 経営トップによる方針表明・体制整備や危険源の特定等のリスクアセスメントの実施
  2. 身体機能の低下を補う設備・装置の導入等(主としてハード面)や働く高齢者の特性を考慮した作業管理等(主としてソフト面)の改善
  3. 健康診断や体力チェックの実施による働く高齢者の健康状態の把握等
  4. 高齢者個人ごとの健康や体力の状況を踏まえて状況に応じた業務の提供
  5. 経験のない業種、業務に従事する高齢者に対し、特に丁寧な教育訓練

上記のほかにも「労働者に求められる事項」などについても定められています。

厚生労働省はこの報告書を踏まえ、今年度中に高年齢労働者の安全と健康の確保に関するガイドラインを策定し、次年度に向けてその普及促進を図っていくとともに、令和2年度からは、ガイドラインに沿って高齢者の安全・健康の確保に取り組む中小企業への助成(競争的補助金)を実施する予定です。

お問い合わせはお気軽に。043-245-2288

参考リンク

「人生100年時代に向けた高年齢労働者の安全と健康に関する有識者会議」の報告書を公表します(厚労省HP)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です