新規学卒初任給の調査結果が公表

  • 厚生労働省が「平成 30 年賃金構造基本統計調査(初任給)」の結果を公表
  • 学歴別にみた初任給では、男女計で全ての学歴で前年を上回った
  • 大学卒及び高校卒の男女別の初任給は、大学卒の女性を除き、前年を上回った

厚生労働省が「平成 30 年賃金構造基本統計調査(初任給)」の結果を公表しました。「賃金構造基本統計調査」は、全国の主要産業に雇用される労働者の賃金の実態を、雇用形態、就業形態、職種、性、年齢、学歴、勤続年数、経験年数別等に明らかにすることを目的として、毎年7月に実施しています。今回公表する内容は、新規学卒者の平成30 年初任給(6月分)の結果です。

学歴別にみた初任給では、男女計で全ての学歴で前年を上回りました。

  • 大学院修士課程修了 238,700 円(前年比 2.3%増)
  • 大 学 卒 206,700 円( 同 0.3%増)
  • 高 専 ・ 短 大 卒 181,400 円( 同 1.2%増)
  • 高 校 卒 165,100 円( 同 1.9%増)

大学卒及び高校卒の男女別の初任給は、大学卒の女性を除き、前年を上回りました。大学卒の女性が微減しているのが少し違和感がある部分ですが、平成29年に2.1%と大きく増加したためその分の調整と見てよいと思われます。

  • 大学卒男性 210,100 円(前年比 1.1%増)
  • 大学卒女性 202,600 円( 同 0.7%減)
  • 高校卒 男性 166,600 円(同 1.5%増)
  • 高校卒女性 162,300 円(同 2.5%増)

男女計の初任給を企業規模別にみると、大学卒では、中企業(常用労働者100~999 人)及び小企業(同10~99人)において、高校卒では、大企業(同1,000 人以上)、中企業及び小企業の全ての企業規模において前年を上回りました。

参考リンク

平成30年賃金構造基本統計調査結果(初任給)の概況(厚生労働省HP)

千葉県千葉市中央区のMORI社会保険労務士・行政書士事務所では、日々生じる従業員に関する問題やちょっとした労働法に関する疑問、他社事例について、気軽に電話やメールで相談できる「労務相談」業務の依頼を受託しています。もちろん賃金に関するご相談、社会保険、給与計算、就業規則、労働者派遣業等各種許認可業務等も対応します。まずはお気軽にお問い合わせください。

toiawase

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です