協会けんぽR3介護保険料は0.01%上昇予定

全国健康保険協会が令和3年度協会けんぽの収支見込みを公表しました。

発表によれば、健康保険の平均保険料率を10%と設定した上で、政府予算案(薬価改定等)を踏まえて算出した結果、単年度収支差は2,900億円、令和3年度末時点の準備金残高は4兆2,000億円が見込まれます。このため、来年度の平均保険料率も前年度程度になるものとみられます。

一方、介護保険の保険料率については、単年度で収支が均衡するよう、介護納付金の金額を総報酬額で除したものを基準として算出することになります。令和3年度の介護納付金の金額や令和2年度末に見込まれる不足分等を踏まえると、令和3年度の介護保険料率は、令和2年度の介護保険料率1.79%よりも0.01%ポイント上昇し、1.80%となる予定です。

お問い合わせはお気軽に。043-245-2288

参考リンク

令和3年度政府予算案を踏まえた収支見込について(概要)(全国健康保険協会HP)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です