標準生計費は前年比で増加

写真は記事内容と関係ありません。

人事院が、令和3年4月の標準生計費を公表しました。

標準生計費は、次の5つの費目別に算定されている。各費目の内容は、それぞれ「全国家計構造調査」、「全国単身世帯収支実態調査」及び「家計調査」の次に掲げる大分類項目に対応すします。

  • 食 料 費 ・・・・・・・・・・・・・・・ 食料
  • 住 居 関 係 費 ・・・・・・・・・ 住居、光熱・水道、家具・家事用品
  • 被服・履物費 ・・・・・・・・・・ 被服及び履物
  • 雑 費 Ⅰ ・・・・・・・・・・・・・・ 保健医療、交通・通信、教育、教養娯楽
  • 雑 費 Ⅱ ・・・・・・・・・・・・・・ その他の消費支出(諸雑費、こづかい(使途不明)、交際費、仕送り金)

今年度の標準生計費は、世帯人数1人で114,720円と令和2年4月の110,610円より約4%上昇しました。また、2人世帯でで192,350円(前年度153,040円)、3人で205,820円(同176,230円)、4人で219,300円(同199,420円)、5人で232,790円(222,640円)と、全ての世帯人数ーで生計費が上昇しました。

また4人世帯でみると「雑費Ⅰ」が63,270から75,350円と約1万2千円上昇しました。保険医療や通信費の上昇は新型コロナウイルスの感染拡大の影響かもしれません。

お問い合わせはお気軽に。043-245-2288

参考リンク

令和3年4月の標準生計費(人事院HP,PDF)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です