10月から育児休業が最長2年に

今日の記事、ざっくり言うと・・・

  • 保育園などに入所できず、退職を余儀なくされる事態を防ぐため、改正育児・介護休業法が10月に施行される
  • 今回の改正では、1歳6か月以後も、保育園等に入れないなどの場合には、 会社に申し出ることにより、育児休業期間を最長2歳まで再延長できるようになる

保育園などに入所できず、退職を余儀なくされる事態を防ぐため、改正育児・介護休業法が10月に施行されることになりました。

今回の改正では、1歳6か月以後も、保育園等に入れないなどの場合には、 会社に申し出ることにより、育児休業期間を最長2歳まで再延長できるようになります。また、育児休業給付金の給付期間も2歳までとなります。

厚労省パンフレットより

その他、次の努力義務が新たに規定されます。将来、これらの内容も義務化されることが考えられますので、そういう観点から確認しておくのがよいでしょう。

  • 事業主が、働く方やその配偶者が妊娠・出産 したこと等を知った場合に、個別に育児休業等に関する制度(育児休業中・休業後 の待遇や労働条件など)を知らせること
  • 未就学児を育てながら働く労働者が子育てしやすいよう、 育児に関する目的で利用できる休暇制度を設けること

参考リンク

平成29年10月1日から改正育児・介護休業法がスタートします(宮崎労働局、PDF)

MORI社会保険労務士・行政書士事務所(千葉県千葉市)では、日々生じる従業員に関する問題やちょっとした労働法に関する疑問、他社事例について、気軽に電話やメールで相談できる「労務相談」業務の依頼を受託しています。もちろんメンタルヘルスに関するご相談、給与計算、労働・社会保険、就業規則、各種許認可業務等も対応します。

toiawase

MORI社労士・行政書士事務所

千葉市中央区のMORI社会保険労務士・行政書士事務所がお届けする、最新の人事労務関連情報です。毎週月・水・金に更新しています(祝除く)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です