協会けんぽの被扶養者確認は一部資料提出が必要に

協会けんぽが、今年度の被扶養者資格の再確認の実施について、HPで情報を公開しました。本年度の実施時期は令和2年10月上旬から下旬にかけて行われます。

再確認の対象となる被扶養者は、令和2年4月1日において、18歳以上である被扶養者です。ただし、令和2年4月1日以降に被扶養者となった方は、確認の対象外です。

確認方法は、事業主より加入者に対して、対象の被扶養者が健康保険の被扶養者要件を満たしているか確認し、被扶養者状況リストに確認結果を記入して、同封の返信用封筒で提出します。その際、今年度は、①被保険者と別居している被扶養者、②海外に在住している被扶養者については、被扶養者状況リストに同封されている被扶養者現況申立書を記入し、被扶養者要件を満たしていることが確認できる書類を提出する必要があります。

  • 被保険者と別居している被扶養者→仕送りの事実と仕送り額が確認できる書類
  • 海外に在住している被扶養者→海外特例要件に該当していることが確認できる書類

なお、仕送りの事実と仕送り額が確認できる書類は、学生の場合、添付を省略できます。

確認の結果、扶養解除となる被扶養者がいる場合は、被扶養者状況リストに同封されている被扶養者調書兼異動届を記入し、解除となる方の保険証の提出をします。

提出期限は、令和2年11月30日です。

お問い合わせはお気軽に。043-245-2288

参考リンク

事業主・加入者のみなさまへ「令和2年度被扶養者資格再確認について」(協会けんぽHP)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です