ニューノーマル下での熱中症予防

これから夏を迎えるにあたり、厚労省は、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための「新しい生活様式」(ニューノーマル)における熱中症予防のポイントをまとめましたので、今回はその内容を取り上げます。

(1) マスクの着用について

マスクは飛沫の拡散予防に有効で、「新しい生活様式」でも一人ひとりの方の基本的な感染対策とされています。しかし、マスクを着用していない場合と比べると、心拍数や呼吸数、血中二酸化炭素濃度、体感温度が上昇するなど、身体に負担がかかることがあるため、屋外で人と十分な距離(少なくとも2m以上)が確保できる場合には、マスクをはずすようにすることとされています。

なお、マスクを着用する場合には、強い負荷の作業や運動は避け、のどが渇いていなくてもこまめに水分補給を心がけることにも留意してください。

(2) エアコンの使用について

一般的な家庭用エアコンは、空気を循環させるだけで換気を行っていないため、冷房時でも窓開放や換気扇によって換気を行う必要があります。

(3) 涼しい場所への移動について

少しでも体調に異変を感じたら、速やかに涼しい場所に移動することが、熱中症予防に有効です。

(4) 日頃の健康管理について

「新しい生活様式」では、毎朝など、定時の体温測定、健康チェックをすることが求められています。なお、体調が悪いと感じた時は、無理せず自宅で静養するようにしましょう。

以上が概要です。もう少し詳しいリーフレットを厚労省が作成していますので、職場で回覧するなどして参考にしてください。

厚労省HPより
お問い合わせはお気軽に。043-245-2288

参考リンク

「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイントをまとめました(厚労省HP)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です