職域接種に関する情報が公開

厚生労働省が、新型コロナワクチンの職域接種に関する情報を公開しました。

今回発表された資料によれば、使用するワクチンは、モデルナ社製ワクチンで、令和3年6月21日より開始するとされていますが、高齢者接種が早期に完了する見込みのある自治体においては、自治体の判断で前倒しも可能とされています。

接種会場、医療従事者の確保については、自治体による接種に影響を与えないよう、会場や医療従事者等は企業や大学等が自ら確保するものとされていますので、当面は大企業が中心になるものと思われます。ただし、実施形態として、企業単独実施のほか、中小企業が商工会議所等を通じて共同実施することや下請け企業、取引先を対象に含めて実施することも認められていますので、取引先で実施している場合などで中小企業の従業員が対象になることもありうるでしょう。

お問い合わせはお気軽に。043-245-2288

参考リンク

新型コロナワクチン職域接種の開始について(厚生労働省HP,PDF)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です