パートタイム労働者の雇用管理の現状と課題の把握に活用できるツールが公開

image065厚生労働省が事業主が自社のパートタイム労働者に対する雇用管理や通常の労働者との均等・均衡待遇の確保の現状と課題を把握するための「パートタイム労働者均等・均衡待遇指標(パート指標)」を策定しました。

また、この指標の達成度を、次の8分野ごとに複数の設問が設けられており、全体で計68問の設問に答えることにより確認できるツール(Excel)を「パート労働ポータルサイト」でダウンロードして活用できるようになりました。

  1. 労働条件の明示・説明
  2. 賃金
  3. 教育訓練等の能力開発
  4. 人事評価・キャリアアップ
  5. 正社員転換推進措置
  6. 福利厚生・安全衛生
  7. ワーク・ライフ・バランス
  8. 職場のコミュニケーション等

ツールでは、これらの設問に回答することで、「法定を上回る取組の実施状況」と「法違反の状況」を把握することができます。また、パートタイム労働法などに対応できているか、事業所におけるパートタイム労働者の雇用管理や通常の労働者との均等・均衡待遇の確保がどのような状態にあり、どこに課題があるのかについて、他の事業所の平均値との比較を含め、レーダーチャートなどで視覚的に把握することができます。

パートタイム労働者の雇用管理を適切に行うこと、通常の労働者との均等・均衡待遇を実現させることは、パートタイム労働者のやる気や定着率を高めるために重要です。一度自社の状況を確認してみてはいかがでしょうか。

■関連リンク
パートタイム労働者均等・均衡待遇指標(パート指標)を策定しました~パートタイム労働者の、雇用管理の現状と課題の把握に活用できます~

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です